ポントリャ

1979年生まれのサラリーマンの雑記です。

【結論】一戸建てと賃貸はどちらが良いのか?

結論を言います

僕の至った答えは「感情に依る」です。

 

現在、僕は実は一戸建てを既に買っています。

ローン支払い中というわけです。

家族は奥さんと小学生の子供の三人暮らしです。

元々は賃貸派でした

元々は「ずっと賃貸で良い」と思っていて、

色々一戸建てとの比較計算もして賃貸派でした。

 

一番のネックはサラリーマンなので

急な転勤があったときに

賃貸だとフレキシブルに対応できるからでした。

単身赴任は奥さんに「嫌だ」と言われていて

一戸建てだと売るか貸すかですが

ローンがそれでペイできるとはとても思えず…

 

会社の同期に言わせると

「一生家買えない理由やな」

というわけですが、まあそういう理由でした。

 

計算上も賃貸の方がそのときそのときの

家族構成や好みの間取りで家を選択できるので

投資対効果が良かったと思っています。

 

つまり合理的には、賃貸だったわけです。

 

なぜ一戸建てにしたのか

これも理由は非常に単純です。

奥さんがある日こう言ったのです。

「ねえ、私たちってさ、ずっとここ(アパート)に住むのかな?」

 

…ずっと賃貸なの?という意味ではなかったかも知れません。

でも要するに彼女が言いたかったのは

今の賃貸が

・狭くて息苦しい

・隣りの部屋の住人の音が気になる

・ずっとここに居るの?(いつ家買うの?)

ということだと思っています。

 

これを聞いた僕は

“奥さんのこのセリフをこれからずっと聞くのは嫌だな…”

と思ってしまい

そのすぐあとに東急リバブルに行き、

その一か月後には新築一戸建ての契約を交わしていました。

買うと決めたらあっという間です。

 

まとめ

というわけで

合理的に考えると賃貸の方が融通が利きますし

一戸建てか賃貸かという議論はそれこそ時代遅れなのかも知れません。

 

ただ自身や家族という存在は合理的には出来ておらず

色んな局面で感情で決めてしまう、感情で成立している

ということだと思っています。

 

一戸建てを購入して今年で4年目ですが

とても快適です。

これも感情ですが…